退職祝いを贈る際のマナー

退職はある意味「人生に一度の重要なイベント」です。

また新たな人生の門出の日という非常におめでたい日でも有ります。

マナーを守って今までの感謝の気持ちを込めたプレゼントを贈りましょう。

先ず、退職祝いとしてはタブーな商品が有ることを理解しましょう。

例えば肌着やグラス、現金などはよっぽどな理由がない限りは、プレゼントとして選ばないことをオススメします。

次に、退職のプレゼントを贈るタイミングですが、一般的には退職することを皆が知るようになってから、1~2週間程度の間に贈るのが良いとされています。

送別会を開催する場合には、その時の贈るのもよいでしょう。

個人的にプレゼントを送りたいという場合には、最終日近くに他の方に気を使わせないように二人きりの状況で渡す事をオススメします。

最後に退職のプレゼントのおおよその予算ですが、費用を分担する人の人数によっても変わってくるかと思います。

おおよそ1万円から3万円程度が相場と言えるでしょう。

あまり高いものを贈るとそれはそれでプレッシャーになるので、

適度な値段のものをえらぶようにしましょう。

また個人的にプレゼントを贈る場合には、1万円以下でも全然OKです。

以上の点は、退職のプレゼントを贈る際には最低限守って欲しいポイントになります。

感謝の気持を伝えることも大切ですが、最低限のマナーを守ってプレゼント選びはしましょうね。

Comments are closed.